呪いの門では呪いご依頼前の無料相談を行っておりますので、是非ご利用下さい。

呪いと魔女と使い魔

使い魔(つかいま 英:Familiar spirits)

呪いを施術する場合、悪魔は魔女や呪術師と契約する。彼女に「使い魔」と呼ばれる小悪魔を手渡す。「使い魔」は、たいてい黒猫や子犬、コウモリ、フクロウ、カラス、クモなどにばらけている魔女の命令に従って行動する。 魔女裁判ではこの「使い魔」を魔女の証拠として提出してきた、ただしこの「使い魔」の概念、イギイスとスコットランドだけのもの、ドイツ、フランスの魔女裁判にはほとんどみられない。

魔女が「使い魔」を飼う。エサは飼い主の血・・・。4日に一度、自分の体がら血を吸わせる。魔術理論「使い魔」は、魔術理論的に十分可能な術である。つまり人工的精霊なのである。


使い魔の役割

魔女(まじょ 英:Witch)

使い魔とは名のとおり、魔女の僕として魔女の手助けをするために召喚される。通常は身近な小動物を魔術の力により僕としている。我々の生きる世界以外にも使い魔は存在し、封印したり宝石の中に閉じ込め必要に応じて指出す場合がある。

魔術により使い魔とされた小動物は、魔女以外には感情を持たないことが多いが、魔女は小動物や召喚した使い魔と感情を共有し、意のままに操る。異世界から召喚された使い魔たちは魔女の使いを果たすと同じ場所に送り返され、必要に応じて何度となく呼びだされることとなる。