黒魔術

黒魔術(呪い)を主に行う人には黒魔術師妖術師がいます。
黒魔術師と妖術師の大きな違いは、黒魔術師は各魔術(呪い)の役割、理論を心得て行うのですが、妖術師は経験から覚えた限られた魔術を使うだけです。
そのため、妖術師の中には自分の力の源泉がどこにあり、何の力なのか知らない人もいるのです。

黒魔術は白魔術とは違い、特定の要求(呪いや願い)をするときは、必ず悪魔(呪いの為の召還となる)を呼び出さなければいけません。
これを召喚魔術といいます。
人を驚かしたり、怯えさせるには特に召喚魔術を行う必要はありませんが、(妖術師が行うのは主にこれらの魔術や呪い)特定の(呪い)願いをするには召喚魔術をどうしてもおこなう必要がある。呪いのために悪魔との契約が必要になります。これを一般の経験のない者が立ち入ると悪魔によって亡き者とされ為、呪いや召還の知識や技術をもった術師が必要になる。この代わりをするのが
呪いの門です。安易な考えや数種類の呪い、黒魔術関連の書籍が出版されているが、絶対に安易な考えで、軽い気持ちで、呪文や召還をしないでください。一度悪魔を召還すると、召還主の顔を消して忘れる事がないのです。簡単に代行(呪い)の代行を掲げ、宣伝しているサイトを目にしますが・・・・。 実際、召還してしまうと取り返しのつかない事態になります
。 専門の知識が必要になるでしょう。

戻る